交通事故で車両損傷

車を運転するにあたって自賠責保険以外に任意保険に加入している人には、交通事故で車両を損傷してしまった場合の補償がなされます。
どのように保険金額が計算されるかは、車両の評価損によって決まります。
つまり、交通事故が起こる前の車両の価値から交通事故後の価値を差し引くのです。


損傷の状態にはいろいろあるはずですが、事故前よりも事故後のほうが価値が下がって当たり前。
仮に修理をしてかなり良い回復状態になったとしても、事故後の車両が事故前より価値が出たということはまずありません。
ところが評価損を算出するのは難しく、保険会社によっても扱い方が異なります。
場合によっては、もう車を買い替えない場合、交通事故で損傷した車両は損害として扱わないというケースまであります。
また一方では、修理費の割合で評価損を認めようとする例もあります。
まずは、外観上の損害と機能上の損害がどの程度のものかを切り分けることも重要。
それぞれに価値の低下度合いが違ってくるため、別々に判断する必要があるのです。


評価損の計算方法には、減価方式、時価基準方式、金額表示方式、修理費基準方式などの種類があります。
どの計算方法が適用されるかは、保険会社の裁量次第。
評価損が認められるか否かから始まって、計算方法に至るまで、一筋縄ではいかないのが交通事故の車両補償問題。
交通事故によって車両修理や買い替えが必要になれば、高額の費用がかかります。
少しでも保険金でまかないたいところですが、車両保険の加入は慎重に相談することをおすすめします。


<注目サイト>
交通事故で車両を損傷された場合などの損害賠償請求のアドバイスをしてくれる法律事務所です・・・交通事故 損害賠償

Copyright © 2014 交通事故と車両の修理 All Rights Reserved.